FX取引で失敗したという時の状況の例を教えて下さい
スワップ金利

FX取引で失敗したという時の状況の例を教えて下さい

FX取引はやれば必ず成功をするというわけではありません。
成功をするときもあれば失敗をする時もあるのが投資というものなのです。

FXには様々な実例があり、多くの成功例もあれば、失敗例もあります。
失敗例を色々と見ることによって、自分が同じ失敗を繰り返さないように気をつけることができます。
他人が失敗をした時の状況を細かく知ることはとても大切なことなのです。

ここでは、FXの取引の失敗例について紹介をします。

よくある失敗としては欲を出しすぎて失敗をするということです。
たとえば、相場が上昇しだした時はこれから先どんどんと上昇し続けるはずだという希望的観測を持てば、売らずにその通過ペアをキープすることになります。
そこで、実際に相場が上昇をするのであれば、投資は成功をしたことになります。

しかし、実際に取引ではそこまで上手くいくことは少ないです。
ある程度まで相場が上昇してしまえば、そこから逆にどんどん相場が落ちていってしまうこともあります。
そうなると、早めに売っておけばよかったということになってしまい、最終的にはFXを失敗するということに繋がります。

また、逆のパターンもあります。
相場が下落した時は、すぐに売るほうが良いです。

これはロスカットと呼ばれていて、たとえ損失が出たとしても、損失を少ない額で留めておくことによって、被害を最小限に食い止めることができるのです。
これをロスカットと呼びます。
ロスカットを徹底して行うことは、FXで失敗をしないために必要なことなのです。

しかし、相場が下落した時に、再び相場が上昇をしてくれることを願って、そのまま売らずにキープをする人がいます。
その状態から再び相場が上昇するケースはごくまれです。
したがって、大きな損をしてしまう結果に終わってしまうことはよくあることなのです。

以上で紹介をしたような失敗例を自分で繰り返さないようにしましょう。
失敗例を参考にして、FXで成功をすることを目指しましょう。

このページの先頭へ